失敗しないために

18年05月09日

赤ちゃん出産祝いとしてベビー服を贈る場合、サプライズで贈りたいという方もいるでしょうが、受け取る相手がすでにベビー服は足りていて、要らないと思われてしまうリスクはあります。この失敗を確実に回避したいということであれば、贈る本人に聞くのが一番です。ベビー服が足りなくて困っているという情報を得ることができれば、贈れば喜ばれる可能性大です。何か好きなブランドがあるのか聞いておくと、より喜ばれる確率は高くなるでしょう。とくにブランドにこだわりがない相手でも、カジュアルな感じの服がいいなど、好みを聞き出しておけば失敗を防げる可能性は高いでしょう。また、ありがちな失敗がほかの人達と贈るものが重複してしまうことです。ほかの友達や同僚も贈ることになっている場合、何を贈るか聞いてみると良いでしょう

なお、出産祝いを贈った人にはお返しとして出産内祝いを贈るのがマナーになっていますが、贈る時期が遅いなどと相手に対し不満を抱くのはやめましょう。出産してすぐの時期は、育児でバタバタしていて、お返しの準備まで手がまわっていないことは容易に想像できます。お返しについてはいつでもいい、特にしてくれなくてもいいぐらいの広い心を持ちたいところです。