ベビー服はアリ?

18年05月06日

誰かに出産祝いを贈ることになったとして、ベビー服を贈るのは問題ない?と気にしている人もいるでしょう。この点についてですが、マナー的には何も問題はありません。むしろ、出産祝いとしてはよく選ばれ、喜ばれている品物であり、カタログギフトにも載っているぐらいです。

ベビー服こどもの成長ははやく、すぐ大きなものに変えなければいけない、すぐ汚してしまうので十分な数を確保しなければいけないという問題があります。お金がかかるため、ブランドもののベビー服には手が出せない、上の子のおさがりで済ませるというところも多いです。誰かに譲ってもらっても、新品ではありません。ベビー服を出産祝いとして贈ると、こういった問題を解決することに貢献できます。

ただし、100%喜んでもらえるとは限りません。すでに成長に合わせて十分な数のベビー服を確保してある場合は、貰っても余ってしまって困らせてしまう場合があります。また、お気に入りのブランドではないという理由で、ほかの人にゆずってしまったという体験談もあります。ベビー服を出産祝いとしてチョイスするのであれば、このあたりのことに注意して贈るかどうか、贈る場合にはどのようなベビー服にするか決めることが大切といえるでしょう。